検索
  • uniondaiko

飲酒運転による事故

ここ最近、夜はかなり気温が下がりますね。

過ごしやすい気候になってきました。

うちの所在地でもある熊本市南区で飲酒運転による事故が発生しました。

はねられた男性は意識不明の重体だそうです。

飲んだら運転代行で帰る、タクシーで帰るは社会人としての常識です。

世の中ここまで飲酒運転も厳しく取り締まりが行われているのに、未だこのような軽い気持ちでハンドルを握り事故を起こす方がまだまだいるようで(・・;)

夜中運転していると、時々飲酒検問を見かけます。

熊本は飲酒検問そこまで多い地域ではないのですが、検問を見かけると高い確率で捕まっている人を見ます、、、非常識ですよね。

メディアでは「煽り運転」が話題ですが、今一度飲酒運転の危険さを改めて認識する必要があると思います。

バスや電車よりは運転代行は金額もかかります。が、人や動物の命はお金じゃ買えません。

こんな当たり前のこと、いざお酒を飲んでしまえば軽い気持ちで「まあバレなければいいや」と考えちゃいます。

絶対にダメですよ。飲酒運転。

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

熊本県独自の熊本蔓延防止宣言が発令されました。

本日07/30、熊本県内の新型コロナウイルスの感染状況がステージ3(感染急増)に達したとして、熊本県独自の熊本蔓延防止宣言が発令されました。 熊本市などの酒類提供飲食店に要請している営業時間短縮を、22市町の全飲食店に拡大して「営業時間を20時まで」に強化。 熊本県がコロナ対策を認めた「認証店」も対象とし、認証店については「営業時間21時まで」と優遇された時短営業を要請するとのことです。 私ら運転

熊本の「まん延防止等重点措置」が解除されました。

6月13日までの「まん延防止等重点措置」が解除されました。 新たに6月14日から7月1日まで「営業時間短縮要請」が適用され、熊本市全域では酒類の提供がある飲食店に関しては午後9時までの営業となります。 酒類のオーダーストップは午後8時半までとのことで、運転代行のご依頼も時間帯が集中する事が予想されます。 お時間の余裕を持ってご依頼いただけるよう、ご理解とご協力を宜しくお願い致します。

まん延防止等重点措置

熊本もまん延防止等重点措置が適用になりました(5月16日~6月13日) 飲食店での酒類の提供ができなくなり、新たに宅飲み需要が増えているようです。 休業とも考えましたが「飲酒運転撲滅」の観点から、最低限の台数で稼働することになりました。 個人宅様などの場所にお迎えに上がることも可能ですので、宅飲みやBBQなどの際はぜひご利用ください。 その場合は住所や具体的な目印(お店の名前)をお伝え下さい。 尚